Home > 写真集 | 活動報告 > 2018-12-01 茨城県スポーツ少年団駅伝競走大会

2018-12-01 茨城県スポーツ少年団駅伝競走大会

昨年の男女アベック優勝から1年、
またこの舞台に戻ってきました。
今年は男女とも5年生が中心のチーム編成で、
「挑戦者」を合言葉に大会に挑みました。
開会式では前年度優勝チームとして、
コウセイとアオイが優勝杯返還。

そしてダイシが、

「僕達選手一同は、タスキにチーム全員の思いを込め タスキをつなぎ通すこと誓います」

と堂々と選手宣誓をしました。

レースは男女とも序盤から上位につける展開で、
結果2年連続の優勝とはなりませんでしたが、
男子が4位・女子が5位と見事入賞。
選手それぞれが今持てる力を出し切り、
各区間を一桁順位で頑張って走り切りました。
優勝チームともそれほどそれどほ離れてはいなく、
とても良いレースが出来たのではないかと思います。
まだまだ若いチーム、来年も期待しましょう。

正直今シーズン初めはどうなるかと心配していましたが、
子供達は月を追うごとに逞しくなり、
一緒に練習で切磋琢磨したリザーブの選手達と、
子供達をサポートしてくれた保護者の皆さんの力があったからこそ、
この結果が出たと思います。
本当にありがとうございました。


小林 理

Home > 写真集 | 活動報告 > 2018-12-01 茨城県スポーツ少年団駅伝競走大会

Return to page top