Home > 写真集 | 活動報告 > 2020-02-01 アスレッコ駅伝

2020-02-01 アスレッコ駅伝

早朝の太陽の光眩しい
あみプレミアムアウトレットが見えてきました。
真っ青な空、アスレッコ駅伝フェスタに参加する子たち
15人が腕試しに到着です。
お父さんお母さん遠くまでありがとうございますm(_ _)m。
それにしても寒いですね(>_<)

県外からの参加も見受けられるこの大会。
フェスタといいつつもなかなかのハイレベルです。
男女とも駅伝は4人でひとチーム。
先におこなわれた県駅伝でのメンバーを含んだ男子はA、
女子はBとCの計3チームで臨みました。
個人競技にあたるマラソンの部には女子3人が参戦です。
どこまで食らいついていけるか!といいますか、
駅伝や長距離走を楽しんでくださいネ(^^)
っていうのが今日のテーマです。

県駅伝を闘った6年生は小学での走りを振り返りつつも
すでに次のステージでの自分を想い描いているよう。
それは走りそのものなのか、勝負なのか、
それともチームで はぐくんだ友情なのか。
それぞれがいまの自分と向き合い、走ることへの想いを胸に刻み、
今日この一歩一歩を噛みしめているかのよう、そんな走りです。
見よ。目の前を駆け抜けてく。

4、5年生たちも力強く、頼もしく思います。
男子駅伝(ゼン、レンゴ、ユウト、コウセイ)は
ひとつでも上をと健闘するも前を行くランナーもめちゃ速い。
差が縮んだり開いたり6位でフィニッシュ。

女子駅伝はBチーム(ナツ、ユメ、ナナカ、ユナ)が
強豪チームについていこうと粘りのレース。
最後まであきらめず4位。メダルまであと一歩。

同じくCチーム(リオナ、リリナ、ミズホ、ネネ)は10位。
速い選手たち相手にも全員果敢に挑んだ走りは立派だ。

マラソンの部でも長い1200メートル。
序盤から我慢の末、アイナがラストまでもつれる展開で
スピードに乗り3位になだれ込んだ。
銅メダルを獲得!やったネ(^^)/

また、リンネが4位、ヒナが7位と
コーナーごとに減速と加速を繰り返すタフなコースで
二人とも持てる力をふり絞りました!

走り終え、見上げると広い空 まだ青い。
飛び立ったばかりの飛行機だけが白く輝く。
苦しくて楽しい 長い長い長距離走。
歩いていって欲しい 光の道を。

佐藤 敏哉

コメント:0

コメントフォーム
上記入力情報を記憶させますか?

Home > 写真集 | 活動報告 > 2020-02-01 アスレッコ駅伝

Return to page top