Home > 動画 | 大会結果 > 茨城県スポ-ツ少年団駅伝(男子 動画)

茨城県スポ-ツ少年団駅伝(男子 動画)

おいしいお酒を飲みながら、
レ-スを振り返ってもらいました。
小林コ-チの思いが伝わってくるわ~。

*男子 優勝 タイム:34分38秒
(今のコースでの最高記録!)

1区 カナザワ タクマ
区間2位 タイム:8分02秒
最長1区の重圧を背負って走ったタクマ。
この一年を通して、安定感はチーム一。
スタート前の作戦通りの走りは、優勝を狙うには十分の走り。
惜しくも区間賞は逃したものの、トップとは8秒差。
このときコーチは優勝を確信。
去年の涙から、今年はさわやかな笑顔。
駅伝オタクのこれからの飛躍を期待しているよ。

2区 タカオカ ノゾミ
区間2位 タイム:6分39秒
タクマからタスキを受け取った瞬間、
顔つきが変わり競技場を出て行ったノゾミ。
コース半ばでトップに並び、タスキを渡すときには逆に5秒差をつける快走。
今回のチームのカギを握る区間だと思っていた2区。
そこにノゾミを配置したことが正解だったことを、証明してくれる走りだった。
まだまだ荒削りの走り、どんどん伸びていってもらいたいなぁ~。

3区 イシカワ レオン
区間賞 タイム:6分34秒
昨年も同じ3区を走って区間賞だったレオン。
今年も予定通り2年連続区間賞。
しかも2位に20秒差をつけるダントツの走り!
このコースになって同一距離区間(2~5区)での過去最高タイム。
昨年もそうだったが、レオンをこの3区に配置できることがチーム最大の強み。
しばらくスランプが続いて心配をしていたが、見事に復活して素晴らしい走りだった。
そんなレオンの表彰後の一言。
「区間賞取るの、簡単だよ!」
どこまで強気なのか、レオンらしい。憎めない奴だ。

4区 コモリ カイ
区間賞 タイム:6分37秒
昨年メンバー落ちをして悔しい思いをしたカイ。
ノゾミと共にタイムトライアルのときから、「絶対にメンバーに入るんだ」という
気持ちを前面に出して、メンバーを勝ち取った。
そして昨年の悔しさをぶつけるような素晴らしい走りが、区間賞につながった。
いつも半袖のワイルド少年。
スタートからゴールまで走りが変わることない、力強い走りだった。

5区 イチムラ コウキ
区間2位 タイム:6分46秒
昨年は4区区間賞。
今年はフィニッシュテープを切る役目を託されたコウキ。
1分以上の貯金があったためか、リラックスした走りだった。
タイム的にはちょっと不満が残ったかもしれないけど、
これが余裕のあるアンカーの走り。
堂々とした走りだったが、フィニッシュテープを切るときは宣言通り、
お茶目に「ファラー」で締めくくり(笑)





コメントx:2

LONG TEAM 小林 17-12-04 (月) 8:04

動画の中のリザーブの選手達の声援。
コメントに書いた通り、チーム日立陸上だったんだなと、改めて思いました。

long jumper 17-12-04 (月) 12:14

全力で走り、
120%の声で、
小さな身体を震わせて、
応援し続ける子どもたち、
頼もしい戦力でした。

『コ-チ、がんばれ~っ』 と

肩で息をして、
足手まといになっている
わたしのことまで
応援してくれました。
心強かった~。

Home > 動画 | 大会結果 > 茨城県スポ-ツ少年団駅伝(男子 動画)

Return to page top